MENU

妊娠中にやってたリラックス4選

妊婦さんに伝えたい妊娠中のリラックス方法

 

妊娠中は赤ちゃんのことを想うと幸せな気持ちになる一方で、おなかが大きくなって思うように動けないもどかしさ、不眠・むくみ・腰痛などの体の不調、出産に対する不安などで精神的に参ってしまうこともあります。

 

でも、お母さんがイライラしたり不安定だと、おなかの赤ちゃんにも悪影響です。

 

実際にストレスを感じていると、おなかが張りやすくなり早産などの危険も出てきてしまいます!

 

ストレスで「マタニティブルー」になる妊婦さんが本当に多いです。

 

マタニティブルーのストレスは、つい一番身近にいる夫にあたりがちで、夫婦二人で過ごせる貴重な時間なのにもったいないですよね。

 

そこで、私が実践していた妊娠中にできるリラックス方法を4つご紹介したいと思います。

 

私の主なリラックス方法

妊婦さんに伝えたい妊娠中のリラックス方法

 

ハーブティを嗜む

 

ハーブティにはリラックス効果や美容効果もあるので、よくハーブティを飲んでました!

 

ハーブティはノンカフェインなので、カフェインが気になる妊娠でも安心して飲めるのでオススメです。

 

でも、ハーブティの中でもカモミールは子宮収縮を促す効果があるので、カモミールが入っているハーブティは避けましょう!

 

妊娠前はカモミールハーブティ大好きだったので残念(泣)

 

可愛いティーカップに入れて飲むと、さらにリラックス効果があったような・・!?
完全に気分ですね(笑)

 

 

美味しいものを食べに行く

 

私はつわりが全くなかったので、つわりがある人はつわりがおさまる安定期まで難しいかもしれません。

 

子どもが生まれると、しばらくゆっくり外食することが難しくなるから、「ゆっくりご飯が食べられることが幸せだよー!」と先輩ママさんからの助言をいただいておりました。

 

ですので、話題のスイーツや、気になっていたご飯を書き出して、旦那や友人、お母さんを誘ってたくさん行きました♪

 

ただ、妊娠中期の終わり頃、血糖値の検査にちょっとひっかかり、体重もちょっとオーバーし始めた為、そこからは、外で美味しいサラダがあるところを探して健康で美味しいご飯巡りに変更して楽しみました。

 

映画観賞

 

映画館とHuluでこれでもかってぐらい映画鑑賞してました(笑)

 

特に「泣ける映画」がオススメ!

 

泣くことは、ストレス発散になりますからね。

 

また、妊娠している今だからこそ見たい映画もあって、個人的なオススメは細田守監督の「おおかもこどもの雨と雪」とディズニー映画「わんわん物語」です。

 

いずれも好きな映画で何度か見たことのある作品でしたが、妊娠がわかった時に改めて見たいと思った映画です。

 

映画館での観賞もちょっと贅沢なプレミアムシートにしてみたり、いつもよりラグジュアリーな環境で映画観賞したりしました!

 

Huluは2週間無料だったので、その期間だけ利用させていただきました。

 

 

抱き枕とぬいぐるみ

 

お腹が大きくなるにつれて、寝付きが悪くなります。

 

シムス体位と呼ばれる左横向きで抱き枕を使って寝る姿勢が妊娠さんにとってリラックスできる姿勢らしいので、抱き枕オススメです。

 

私は先輩ママさんのオススメで、産後も授乳クッションとして使えるタイプをチョイスしました。

 

ぬいぐるみは元々好きなんですが、1日15分ぬいぐるみを抱くとすごくリラックスできるらしいというのを聞いて、ディズニーランドで購入した大きめのスティッチのぬいぐるみをテレビを見ながら、よく抱いてます。モコモコですごく癒されます。

 

 

リラックス方法はそれぞれ違うと思いますが、私的には「なるべく外に出ること」「非日常を楽しむこと」が一番のリラックスでした。

 

もちろん無理はしないことが大前提ですが、気にし過ぎも良くないって言いながら、けっこうお出かけしてましたね(笑)

 

心配な方は担当の先生と相談しながら、自分に合ったリラックス方法を見つけてくださいね。

 

※2018/05/09更新※

妊婦さんに嬉しい簡単レシピ集

妊婦さんが気をつけたい妊娠中の食事ブログ
じゃがいものチーズ焼き
ヘルシーカレー
キヌア入りトマトスープ
ひじきの煮物
豚肉と豆苗のマヨポン炒め
豚肉のネギ衣焼き
シンプルお鍋
焼きねぎうどん
鮭のホイル蒸し焼き
ヘルシースイートポテト
ネバネバお蕎麦
ヘルシー豆腐の野菜あんかけ
ヘルシーゆで鶏
ヘルシーラーメン
グラタン
ハンバーグ
オムライス
中華風そうめん