MENU

妊婦さんは、栄養ドリンク飲んでも大丈夫!?

妊婦さんは、栄養ドリンク飲まない方がいいの!?

 

栄養ドリンクにはどんな種類がある?

一口に栄養ドリンクと言っても、その種類は『医薬品』『医薬部外品』『第二、第三類医薬品』、それに『清涼飲料』に分類されるさまざまな製品があります。

 

ここでは一般に「肉体疲労時の栄養補給」などの効能を挙げ、コンビニ等で簡単に手に入るドリンクを総体して『栄養ドリンク』ととらえます。

 

用法、用量を守れば問題なしという意見がほとんど。

こうしたコンビニでも手軽に手に入る栄養ドリンクは、つわりなどの影響で固形物を食べづらい妊婦さんにとっての味方になるのでしょうか?あなたはどう思われますか?

 

結論から言うと、ほとんどの栄養ドリンク(ラベルに妊娠時は避けて下さいといった表記のないもの)は妊娠中に飲んでも問題はないという意見が主流になっているようです。

 

もっとも、この意見には「用法、用量を守る限りにおいて」という但し書きが付くことを忘れてはなりません。

 

チェックしたいのはカフェインの含有量。

どんな食材や飲料もそうですが、短期間の間に立て続けに摂ることは何らかのトラブルを引き起こします。

 

栄養ドリンクに関しては特に『カフェイン』の摂取量に留意すべきです。

 

なぜならカフェインは本来赤ちゃんに届けるべきカルシウムをお母さんの尿中に排出して減らしてしまったり、母体のアドレナリンの分泌を促し、結果的に血流を滞らせてしまったりといった弊害が報告されているからです。

 

もっとも、カフェインはお茶やコーラ、チョコレートなどにも含まれており、一切を排除するのは非常に難しいのです。

 

一般的には1日100r以内なら赤ちゃんへの問題はないとする研究結果が報告されていますので、妊婦さんは特にこの数値に注意しての摂取が望まれます。

 

心配なら、ノンカフェインの表示のあるドリンクを選べば安心でしょう。

 

栄養ドリンクは万能食品ではないと知るべし。

先に妊娠中に栄養ドリンクを口にしても問題はないと言いました。

 

栄養ドリンクがトラブルを引き起こすとしたら、原因は製品の成分ではなく、飲み方にあると言えます。

 

例えば栄養ドリンクを飲んで一時的に力が湧いたような気がするからと言って、これを栄養補給のメインに据えるようなやり方はもちろん誤りです。

 

つわりの度合いにもよりますが、やはり栄養補給のウェイトは日々の食事に重きを置くべきです。

 

お腹の赤ちゃんの成長には本当にたくさんの栄養素が必要なのですから、効率が良いからと言って一つの食品にばかり頼るべきではありません。

 

私の考えですが、栄養ドリンクはあくまで食欲がない場合の手段として考えてみてはいかがでしょうか!?

 

※2018/05/09更新※