MENU

妊娠中の食べ物Q&A

・妊娠中は、どんな食べ物が体に良いのか!?

 

・妊娠中は体を動かすのもツライ時があるけど、そんな時に便利なレシピは!?

 

・飲み物は、気にしなくて大丈夫なの?

 

・つわり中の家族の食事はどうしてた?

 

など、妊婦さんの食品・食事に関する情報をお届けしております。

 

『まごわやさしい』とは?

妊婦さんが気をつけたい妊娠中の食事まとめ

 

【まごわやさしい】

 

【ま】豆類
【ご】ゴマ
【わ】ワカメなどの海藻類
【や】野菜、特に緑黄色野菜
【さ】魚特に青魚
【し】椎茸などのキノコ類
【い】芋類

 

分かりやすく説明しますと、妊娠中の食事は、味付けは薄めに、野菜や魚はきちんと火を通し、『和食中心にバランス良く食べましょう!』ということです!

 

とは言っても、妊娠中は、どうしてもつわりの影響などで食の好みが偏ってきてしまい、食べるものが限定的になってしまう方も多いと思います。

 

栄養バランスの偏り食べ過ぎなどを防ぐために、妊娠さんは食生活で色々な工夫をしていく必要があります。

 

そこで、私が実際によく食べていた妊娠中におすすめ食品ベスト5を紹介します。


妊娠中にオススメ食材BEST5

ナッツ類

妊婦さんが気をつけたい妊娠中の食事ブログ

 

ピーナッツやアーモンドといったナッツ類は、お酒のおつまみなどで身近に感じている方もいるかもしれませんが、私が食べていたのは塩やバターなどが使われていないような無塩タイプのものです。

 

実はナッツ類を妊婦さんが週に5日以上食べ続けると、ナッツアレルギーになる確率が下がるという研究結果も出ています。

 

そのため、母体だけでなくお腹の赤ちゃんにも良い影響を与えてくれます。

 

さらに、ナッツ類には非常に良い油が含まれており、美容にもGOODです♪

 

もちろん食べ過ぎるとカロリーオーバーになりますが、食べごたえがあり手軽に食べることができるので、小腹が空いたときにおすすめです!

 

豆類

妊婦さんが気をつけたい妊娠中の食事ブログ

 

日本食によく使用されている豆類は、低カロリー高タンパク質です。

 

豆類は、納豆やお豆腐、味噌などがあり、和食を中心とした食生活にシフトすることで、自然と摂取することができます。

 

お肉などはどうしても高カロリーになりがちなので、体重オーバーが気になるときなどにおすすめ食材です。

 

私は、お腹が減ったときのおやつ代わりに、ナッツ同様に納豆もよく食べていました。

 

キノコ類

妊婦さんが気をつけたい妊娠中の食事ブログ

 

キノコ類は、なんといっても食物繊維が豊富に含まれています。

 

妊娠中、便秘に悩まされる妊婦さんは多いですが、そんな便秘解消にも効果的なので、キノコ類は積極的は食べるようにしましょう。

 

キノコ類にはビタミンD2が豊富に含まれているのですが、これは吸収されにくいとされているカルシウムの吸収を助ける効果があります。

 

そのため、赤ちゃんの成長を助けるのにも効果的なのです。

 

キノコ類は弾力があって食べごたえもありますから、食べ過ぎ防止にも効果的です。

 

料理のかさ増しにもピッタリなので、お料理に積極的に使用するといいかもしれませんね。

 

緑黄色野菜

妊婦さんが気をつけたい妊娠中の食事ブログ

 

ほうれん草などの緑黄色野菜は、普段から積極的に摂取したい食品ですが、妊娠中はもっと積極的に摂取しましょう。

 

緑黄色野菜は、ビタミンAやビタミンC、ビタミンKといった豊富な栄養素が含まれています。

 

貧血が気になる妊婦さんに嬉しい鉄分も含まれていますから、妊娠中はいつもより多めに緑黄色野菜を摂取するといいですよ。

 

生野菜よりも、蒸し野菜や温野菜、茹でておひたしにすることで、たくさん食べることができますよ!

 

私はシリコンスチーマーを使って、よく蒸し野菜にしていました♪

 

ヨーグルト

妊婦さんが気をつけたい妊娠中の食事ブログ

 

カルシウムや乳酸菌など身体に良いものが含まれているヨーグルトは、1番のおすすめ食品です!

 

キノコ類同様に、便秘防止にも効果的です。

 

また、低脂肪ヨーグルトやカロリーの低いヨーグルトを選べば、食べ過ぎ防止にもなりGOODです!

 

ヨーグルトをそのまま食べるのも良いですが、私はフルーツなどを入れて一緒に食べてましたね♪

 

中でもドライプルーンは、食物繊維が豊富なので便秘防止にヨーグルトと組み合わせるのがオススメです。

 

また、出来るだけ無添加、無農薬の食材を買うよう心がけましょう、お腹の赤ちゃんも喜んでくれますよ。

 

妊娠中の飲み物ランキング

 

よく作った定番メニューBEST10

 

妊娠中は、我慢したい食品とは!?

 

新鮮な食材を取り寄せよう!

 

つわり中の食事を乗り切る方法!

 

食材宅配

妊婦さんに嬉しい簡単レシピ集

妊婦さんが気をつけたい妊娠中の食事ブログ
じゃがいものチーズ焼き
ヘルシーカレー
キヌア入りトマトスープ
ひじきの煮物
豚肉と豆苗のマヨポン炒め
豚肉のネギ衣焼き
シンプルお鍋
ツナサラダうどん
鮭のホイル蒸し焼き
ヘルシースイートポテト
ネバネバお蕎麦
ヘルシー豆腐の野菜あんかけ
ヘルシーゆで鶏
ヘルシーラーメン
グラタン

食事以外の悩みも解決しましょう!

・マタニティブルーは誰でもあるの?

 

・出産予定日が過ぎてしまったけど?

 

・妊娠中はどうやってリラックスしたらいいの?

 

・逆子と診断されたけど、大丈夫?

 

・妊娠糖尿病を発症してしまったら?

 

・張り止め薬は飲んでも大丈夫なの?

 

・旦那さんの支えが不可欠!?

 

・陣痛は怖いの?


 

※2017/10/17更新※

妊娠中の食べ物で気をつけるべき事まとめ記事一覧

妊娠中は飲み物にも注意が必要になります。絶対に口にしてはいけないのは「お酒」です。例え少量でも“胎児性アルコール症候群”といって低体重で産まれやすいリスクがあります。私は妊活を始めた瞬間から一切口にしませんでした。お酒が好きだったので飲みたくなる時もありましたが、赤ちゃんのためと思い我慢しておりました。。他に気になるものと言えば「カフェイン」があります。これはお酒ほど神経質にはならず摂り過ぎにだけ...

妊娠中はつわりがあって疲れやすかったりと、家事が思うようにこなせなくなります。料理中の匂いがダメであったり、立ちっぱなしでいるのが辛かったりと、料理を苦痛に感じる妊婦さんは少なくないと思います。さらに、後期になりおなかも大きくなるとスーパーに買い物に行くのも大仕事、キッチンに長時間立っているのも辛くなります。そういう時は簡単に作れて、作り置きや冷凍保存に向いている料理を作ってみてはいかがでしょうか...

普段はあまり気にしていなかった食事も、妊娠中は摂取する食品に気を付ける必要があります。いつもなら食べて問題ない食品でも、身体が過敏になっているためにアレルギー反応を起こしてしまったり、母体を通して食べた食品の成分が赤ちゃんに吸収されたりすることがあります。万が一、食べたものによって体調を崩してしまっても、普段のように薬を飲んだり注射をしたり…という治療を簡単にすることができません。こうした理由から...

妊婦さんは、栄養ドリンク飲んでも大丈夫!?栄養ドリンクにはどんな種類がある?一口に栄養ドリンクと言っても、その種類は『医薬品』『医薬部外品』『第二、第三類医薬品』、それに『清涼飲料』に分類されるさまざまな製品があります。ここでは一般に「肉体疲労時の栄養補給」などの効能を挙げ、コンビニ等で簡単に手に入るドリンクを総体して『栄養ドリンク』ととらえます。用法、用量を守れば問題なしという意見がほとんど。こ...

妊娠が判明してから20週頃まで続く人が多いと言われているつわりですが、一言でつわりと言っても、「おなかが空くと気持ち悪くなる」「食べ物の匂いがダメになる」「唾液が多くなる」「眠たくなる」など症状は人それぞれです。本人は普通の生活をするだけで辛くても、周囲にはなかなか分かってもらえないことも多く大変です。特に食事に関しては食べられないだけでなく、料理中の匂いで気持ち悪くなってしまい作ることすら苦痛に...

骨や歯を作るのに必要な栄養素『カルシウム』について、解説していきます!人間の体内で作り出すことが出来ないので食品から摂取するしかありませんが、日本人は全体的にカルシウム不足の傾向にあるようです。カルシウム不足の状態が続くと骨粗しょう症や高血圧のリスクが高まるとされています。今現在のためだけではなく、将来のためにもしっかりと摂りたい栄養素のひとつです。さらに、妊娠中から産後の授乳期には赤ちゃんの成長...

「子どもがほしい」「子どもができた」となった時、必ず耳にするのが「葉酸」という言葉です。妊活中からの摂取が理想とされ、産後も摂取が望ましいと言われている成分。食材からの摂取も可能ですが、食材からだと微量しか摂取できず、必要分を摂取するのは、なかなか難しいため「サプリメント」を飲むことが推奨されています。なぜ、そんなに葉酸が大切なのか?葉酸は水溶性のビタミンB群の一種です。これは、細胞の生産や再生を...