MENU

病院選びは大事!

私が通っていた産婦人科は妊婦の健診はしてくれますが、分娩はしていない病院でした。

 

最近、そういう産婦人科が多いみたい。

 

元々「里帰り出産」も考えていたので、特に気にしていませんでしたが、最初から産むまで同じ病院でお世話になりたい人も多いと思うので、病院選びは大切だと思います。

 

また、病院によって方針もさまざま…その病院の方針や口コミをしっかり見て、自分に合う病院を見つけたいですよね。

 

私が通っていた病院は男の先生が一人でやっている病院でした。

 

はじめは男の先生って産婦人科で抵抗があったのですが、サバサバした先生で私には印象が良かったので、そのまま通い続けました。

 

看護婦さんの雰囲気も良かったし、家からも近く、何より待ち時間が短いのが良かったです。

 

出産する病院はどうしようかなと悩みましたが、通っていた病院の先生に「最初は里帰り出産が絶対オススメだよ」と言われ、私自身も里帰り出産したいなと思っていたので、実家近くの病院を探しましたが、そもそも分娩できる産婦人科が少なく、3択しかありませんでした。

 

無痛分娩も考えていましたが、実家近くで無痛分娩をやっている病院が1つしかなく、あまり評判の良い病院ではなかったので、里帰り出産するなら無痛分娩は諦めなくてはなりませんでした。

 

さらに私は妊娠と同時に子宮筋腫も見つかりました。よくあることらしいのですが、二人目も望むなら産後に手術した方がいいかもと言われてしまったので、そのことも相談できる大きな病院がいいかなと思い、無痛分娩はやっていないけど、実家から近くて、大きい総合病院で出産することにしました。

 

分娩する病院が少なくなってきているので、人気の産婦人科は予約でいっぱいになってしまうところも多いみたいです。産みたい病院が決まったら早めに予約しましょう。

 

実家から近い!大きい病院!この2点が決め手で決めた病院でしたが、通ってみると色々不安に思うこともありました。

 

大きい病院なので、とにかく待ち時間がすごく長いかったです。予約制ですが毎回3時間近くかかります。

 

前の病院が30分かからないことがほとんどだったので、すごく長く感じました。

 

そして、有料のテキストと弾圧ソックスの強制購入と母親学級へ行かされました。

 

有料テキストは500円…お産までの流れが書かれているものでした。

 

弾圧ソックスは産後いわゆるエコノミー症候群になるのを防ぐためのものらしいのですが、病院指定で3000円もしました。

 

メディキュット持ってるのに…と思ってしまいました。母親学級も住んでいる地域で無料で開催されているのに、有料2000円…補助金が出るとはいえ、やっぱり出産ってお金かかりますね。

 

一応、私が産む病院は評判が良く…入院中のご飯も美味しいらしいし、陣痛中のサポートも充実しているらしいのです。

 

足湯やアロマ、バランスボール、テニスボール、専用の椅子、音楽の持ち込みなどできる限り妊婦の希望バースプラン叶えてくれるとか…。

 

初めての出産なので、比較することがまだできませんが、無痛分娩や水中分娩、分娩台なしの出産、助産師さんのみの自然出産、母子別室など、私が今回体験できない出産がまだまだたくさんあります。

 

二人目の時はどうしようかな…と気が早いけど考えちゃったりしています。

 

またここで産みたいなと思えるのが一番ですが、その時の状況次第では里帰り出産できないかもしれないので、今から色々楽しみながら考えていこうと思います。