MENU

妊娠糖尿病とは!?

妊娠糖尿病とは妊娠をきっかけに発症してしまう一時的な糖尿病のことです。

 

元々糖尿病を患っていて妊娠した人とは区別されています。

 

妊娠中は胎盤から出るホルモンの影響で血糖値が上昇しやすくなり、それが原因で発症してしまうそうです。

 

多くの人は出産後正常値に戻ると言われていますが、10〜20年後に糖尿病になってしまうケースもあるようです。

 

特に家族に糖尿病の人がいる場合や、妊娠してから急激に体重が増えた人などは注意が必要と言われています。

 

私の産院では初期の血液検査以外に、中期に“ブドウ糖負荷テスト”という検査がありました。

 

サイダーのようなものを飲んだ後に採血をして、血糖値を調べるものだと説明されました。産院によっては全員が対象ではなく、血糖値が高い人だけこの検査をするようです。

 

それまでの検診では血糖値も正常で尿糖も一度も出たことがなかったので、まさか自分が引っ掛かるとは思ってもいませんでした。

 

検査後に思い返してみれば検診の前日、夕食がいつもより遅い時間になってしまい、しかもラーメンを食べたのが原因ではないかと思っています。

 

基準値を少しオーバーしただけだったので、恐らく心配はないだろうとの事だったのですが、再検査を受けることになってしまいました。

 

再検査は朝から食事も水分も一切摂れず、時間を空けて採血するので3時間以上かかり結構辛かったです。

 

でも、結果は異常なしでホッとしたことを覚えています。

 

再検査が決まってから妊娠糖尿病について初めて調べたところ、早産の危険性や赤ちゃんが大きくなりすぎてしまい難産になったり帝王切開になるケースがあると書かれていて、とても妊娠中に不安になりました。

 

もし妊娠糖尿病と診断された場合には、出産まで血糖値の管理や食事制限、それでも抑えきれない場合には薬を服用しなければならないこともあるようです。

 

私は再検査の結果も問題なくその後も経過は順調でしたが、やはり食事には気を付けるようになりました。

 

和食中心の食事にしたり、ケーキなどはもちろんのこと、果物の摂りすぎも良くないとのことだったので気を付けました。

 

他にもごはんやパンなどの主食も最終的には糖として吸収されるので注意が必要です。

 

バランスの取れた食事と適度な運動が一番の予防法だと思います。

 

そのような規則正しい生活をしていれば、妊娠中の気がかりである体重管理も自然と出来るようになるので、自分のためにも赤ちゃんのためにも少し気にしてみてください。

 

妊婦さんに嬉しい簡単レシピ集

妊婦さんが気をつけたい妊娠中の食事ブログ
じゃがいものチーズ焼き
ヘルシーカレー
キヌア入りトマトスープ
ひじきの煮物
豚肉と豆苗のマヨポン炒め
豚肉のネギ衣焼き
シンプルお鍋
ツナサラダうどん
鮭のホイル蒸し焼き
ヘルシースイートポテト
ネバネバお蕎麦
ヘルシー豆腐の野菜あんかけ
ヘルシーゆで鶏
ヘルシーラーメン
グラタン

※2017/10/31更新※